かな料紙 - 小室かな料紙工房 -

伝統的製造方法で、書道用かな料紙を製作しています。このWebサイトでは、製作に係わる職人の立場から、かな料紙の作り方や種類など説明したいと思います。

メニュー

箔を撒く その3


DSC04333

今回は、紙に薄めた膠の溶液を刷毛で引いて
荒い砂子を撒いてみようと思います。

荒い砂子の作り方は2014年1月28日の投稿をご覧ください。
   http://kanaryoshi.com/987/

写真は、膠の溶液を薄めたものが
バットに入っています。

薄める、と言ってもどのくらいかわかりにくいですね。
普段は、量ったことはありません。

もう一回作り直して、今度は量ってみました。
原液は三千本膠一本(約12g)にフノリ(1.2g)を
200ccの水で溶かします。

濾したこの原液を25ccに対して、お湯を
350cc~450ccくらいの感じで薄めます。

数字にするとこのくらいでしょうか。
あくまでも目安ですので、実際に撒いてみて
濃くしたり、薄くしたりと調整します。

刷毛は馬の毛のものを使っていますが
羊毛の水刷毛を使っても大丈夫です。

DSC04344

分りやすいように、写経用の紫紙に
撒いてみます。

刷毛に適量を含ませ、横、縦、横、縦、位の感じで
紙に薄めた溶液を引きます。

含ませる量は数字では表せませんので、
適量です。

含ませる量が少ないと刷毛が
動かし難くなります。

DSC04343

竹筒に入れた荒い砂子を全体に
撒きます。

DSC04346

そのあと、押さえ紙を乗せて
上から、掌で擦るようにして押さえます。
押さえた紙に砂子がたくさん付いてしまう
時は、溶液の付け過ぎ、または濃すぎる
事が原因です。

紙は色々なものが使えます。
写真は、ボーガスペーパーです。
くしゃくしゃと丸めて、クッションに使う
為の割安の再生紙です。

新聞紙でも大丈夫です。
ただ最低でも半年より古いものを
使って下さい。
インクが落ち着いて料紙を汚す
確率が少なくなります。
理想は3年くらい。

出来たら全開に広げたものを
重ねて押しをします。
さらに直径20㎝くらいに巻いて
保存しておきます。
しわが比較的きれいになって
使いやすくなります。
新聞巻が何本かいつも作り置きして
あります。
何にでも使えてとても重宝します。

すみません。
話がそれました。

DSC04359

写真は、荒い砂子、中くらいの砂子、細かい砂子
を撒いたものです。
砂子を作るフルイの目の大きさによって
変わります。

DSC04366

荒い砂子を使った古筆の料紙の中で
写真は、筋切の料紙と大字朗詠集の
料紙です。
どちらも、金と銀の荒い砂子が撒かれています。

コメント

  1. 徳橋恭子 2015.05.19

    実感として伴わないと本当の理解は出来ませんが、膠の扱いは難しいです。
    なかなか云うことを聞いてくれませんでした(笑)
    成功体験が無いので見ていてドキドキします。
    金泥を扱うことはあるのでしょうか?あればそのご紹介も見せて頂きたいです。
    いつも楽しみにしております。

    • 小室 久
      小室 久 2015.05.20

      徳橋様
      ありがとうございます。
      膠の扱いはむずかしいです。
      未だ、自信なく慎重に作業を続けています。

      金泥は、日本画を描かれる方の方が丁寧に
      膠でといているように思われます。
      参考になるかわかりませんが、追って
      投稿したいと思います。

  2. かみがいと せいりゅう 2015.05.19

    工房で大切な資料などを見せて頂きありがとうございました。
    工房のあと、袋田の滝・五浦の旧岡倉天心邸・那珂湊を巡って
    帰ってきました。天心には若い頃より興味があって弟子たちと籠った
    五浦へ行きたいという願いが叶いました。想像以上に風光明媚で
    いつまでもそこに居たいと思える処でした。

    • 小室 久
      小室 久 2015.05.20

      かみがいと さま
      こちらこそ、遠方からお越しいただき
      ありがとうございました。

      良い観光になられたようで、良かったです。
      五浦はいいですね。
      お話を聞いていて、行きたくなりました。

アーカイブ


Warning: file_get_contents() [function.file-get-contents]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/cafesolo/kanaryoshi.com/public_html/wp-content/themes/n1/functions/social.php on line 128

Warning: file_get_contents(http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json?url=http%3A%2F%2Fkanaryoshi.com%2F1498%2F) [function.file-get-contents]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/cafesolo/kanaryoshi.com/public_html/wp-content/themes/n1/functions/social.php on line 128