かな料紙 - 小室かな料紙工房 -

伝統的製造方法で、書道用かな料紙を製作しています。このWebサイトでは、製作に係わる職人の立場から、かな料紙の作り方や種類など説明したいと思います。

メニュー

箔を撒く その4


DSC04408

今日はトメドーサについてです。

箔を撒いてから、よく乾かし、それから「トメドーサ」を引きます。
ドーサ液については、2013年7月12日の投稿をご覧ください。

     https://kanaryoshi.com/518/

ニジミを止めるためのドーサ液に比べて
ミョウバンの量を半分くらいにします。
また、さらに薄めに合わせます。

これも加減は、職種によって変わると思われますので
参考という事にして下さい。

写真は、箔を撒いてから一度良く乾かした紙に
トメドーサを引いているところです。

トメドーサを引いたら、そのまま乾かします。

【トメドーサの効用】
 〇箔がよりよく定着する。
 〇箔上の墨の乗りが良くなる。
 〇銀の変色を遅らせる。

DSC04396

特に銀はそのままだとすぐに変色がはじまります。

写真は、銀箔を紙に平押ししてから10年経過したものです。

片方にだけトメドーサが引いてあります。
そのままだと数カ月で色が変わっていくのが分ります。

銀箔はそれでも少しづつ色が変化します。
古筆の中でも源氏物語絵巻の詞書の料紙は
800年を経て、かなり銀箔が黒くなっています。

DSC04402

写真は、私の祖父の手による料紙です。
もう50年以上にはなると思います。

だいぶ黒くなってきています。

変色は周りの環境にもかなり影響をうけますので
保存の仕方にもよるのだと思います。

箔を撒く工程を4回に分けて投稿しました。
大まかな作業の流れをおわかり頂けたでしょうか。

コメント

  1. 徳橋恭子 2015.05.30

    うーん。日本画現役時代に小室さんと知り合いたかったです。箔の扱いは素人には無理だと金泥に逃げていました。でも簡単に出来るものじゃない事はよーく分かります(笑) ドーサも膠も胡粉も泣かされ続けていましたが…(^_^;)
    銀の変色は防ぐのは限界があるんですね。
    酒井抱一の屏風など本当はどんな輝きだったのか?
    想像しています。

    • 小室 久
      小室 久 2015.05.31

      徳橋様
      ありがとうございます。
      実のところ私もどこまでわかっているのか。
      いつまでも手探りしている感じがあります。

      銀は歳をとるので人間みたいですね。

展覧会のお知らせ

  1. 2017年11月11日(土)~12月24日(日)

    かなの世界 桑田笹舟―平安の美への挑戦―

工房日記

アーカイブ