かな料紙 - 小室かな料紙工房 -

伝統的製造方法で、書道用かな料紙を製作しています。このWebサイトでは、製作に係わる職人の立場から、かな料紙の作り方や種類など説明したいと思います。

メニュー

筑波大学 修了制作展


DSC02734

今日は、茨城県つくば美術館に筑波大学の修了展を見に行ってきました。

写真の屏風は、江戸初期の烏丸光廣「聚楽行幸和歌巻」の臨書作品です。
料紙の製作をさせて戴きました。

作者の方との出会いは、平成24年11月。
私が講師の一人として参加した、和紙文化講演会でした。
そこで料紙製作の依頼を受け、工房にも訪ねて来て下さいました。

とても熱心な方で、一生懸命作品制作に取り組んでいることが伝わってきます。
こうして展示されている作品を拝見して、感激しました。

修了展は、今月23日まで開催されています。

DSC02742
DSC02751

ここで「聚楽行幸和歌巻」の料紙のお話を少し。

元の装丁は巻物で、8紙を使って書かれています。
色使いは原本に倣っていますが、以外と斬新です。
料紙の上部に一文字に木版で文様が入っています。

龍の文様の連続ですが、ちょっとユーモラスな感じの龍ですね。

(作者の方から、ブログ掲載の許可を頂いています。)

コメント

コメントをお待ちしております

展覧会のお知らせ

工房日記

  1. 2018年4月8日

    お宝発見?
  2. 3月31日(土) 4月1日(日)

    茨城ものづくりマルシェ2018
  3. 2018年3月19日(月)、20日(火)、21日(水・祝日)

    茨城クラフアート

アーカイブ