かな料紙 - 小室かな料紙工房 -

伝統的製造方法で、書道用かな料紙を製作しています。このWebサイトでは、製作に係わる職人の立場から、かな料紙の作り方や種類など説明したいと思います。

メニュー

工房日記の記事一覧

型砂子

DSC04503

型砂子についてお話をしようと思います。

写真は源氏物語絵巻の詞書の料紙、「夕霧」の
下の方にある型砂子です。

原本の写真は黒くなっていますが、
もともと銀の砂子が変色したものです。

使用する砂子は、一番細かいタイプのものです。
詳しい作り方は、以前の投稿でご覧ください。

  https://kanaryoshi.com/997/

DSC04458
渋紙に、原本の線を転写して型紙を作ります。

DSC04466

型紙はある程度示しておきます。
湿したタオルを乗せて全体に平均に湿るようにします。

そうしないと紙に乗せた時に、膠を引いた紙の水分を
吸ってしまい波打って隙間が出来たりします。

DSC04477

膠とフノリをといで薄めたものは、前回と同じです。
同じように刷毛で紙の表面に引きます。
茶色で撮影したものは、砂子が分かりにくかったので

ここから藍色の染紙に替えました。

DSC04481

型紙を乗せます。

DSC04486

砂子を入れた竹筒で、端から撒いていきます。
砂子が細かいので、竹筒の出口には布が張ってあります。
撒き終えたら、前回と同じように押さえ紙を乗せて
手で砂子を押さえます。

DSC04499

型紙を外してから、乾燥させます。

DSC04464

DSC04465

型の違う型紙で撒いたものです。

箔を撒く その4

DSC04408

今日はトメドーサについてです。

箔を撒いてから、よく乾かし、それから「トメドーサ」を引きます。
ドーサ液については、2013年7月12日の投稿をご覧ください。

     https://kanaryoshi.com/518/

ニジミを止めるためのドーサ液に比べて
ミョウバンの量を半分くらいにします。
また、さらに薄めに合わせます。

これも加減は、職種によって変わると思われますので
参考という事にして下さい。

写真は、箔を撒いてから一度良く乾かした紙に
トメドーサを引いているところです。

トメドーサを引いたら、そのまま乾かします。

【トメドーサの効用】
 〇箔がよりよく定着する。
 〇箔上の墨の乗りが良くなる。
 〇銀の変色を遅らせる。

DSC04396

特に銀はそのままだとすぐに変色がはじまります。

写真は、銀箔を紙に平押ししてから10年経過したものです。

片方にだけトメドーサが引いてあります。
そのままだと数カ月で色が変わっていくのが分ります。

銀箔はそれでも少しづつ色が変化します。
古筆の中でも源氏物語絵巻の詞書の料紙は
800年を経て、かなり銀箔が黒くなっています。

DSC04402

写真は、私の祖父の手による料紙です。
もう50年以上にはなると思います。

だいぶ黒くなってきています。

変色は周りの環境にもかなり影響をうけますので
保存の仕方にもよるのだと思います。

箔を撒く工程を4回に分けて投稿しました。
大まかな作業の流れをおわかり頂けたでしょうか。

箔を撒く その3

DSC04333

今回は、紙に薄めた膠の溶液を刷毛で引いて
荒い砂子を撒いてみようと思います。

荒い砂子の作り方は2014年1月28日の投稿をご覧ください。
   https://kanaryoshi.com/987/

写真は、膠の溶液を薄めたものが
バットに入っています。

薄める、と言ってもどのくらいかわかりにくいですね。
普段は、量ったことはありません。

もう一回作り直して、今度は量ってみました。
原液は三千本膠一本(約12g)にフノリ(1.2g)を
200ccの水で溶かします。

濾したこの原液を25ccに対して、お湯を
350cc~450ccくらいの感じで薄めます。

数字にするとこのくらいでしょうか。
あくまでも目安ですので、実際に撒いてみて
濃くしたり、薄くしたりと調整します。

刷毛は馬の毛のものを使っていますが
羊毛の水刷毛を使っても大丈夫です。

DSC04344

分りやすいように、写経用の紫紙に
撒いてみます。

刷毛に適量を含ませ、横、縦、横、縦、位の感じで
紙に薄めた溶液を引きます。

含ませる量は数字では表せませんので、
適量です。

含ませる量が少ないと刷毛が
動かし難くなります。

DSC04343

竹筒に入れた荒い砂子を全体に
撒きます。

DSC04346

そのあと、押さえ紙を乗せて
上から、掌で擦るようにして押さえます。
押さえた紙に砂子がたくさん付いてしまう
時は、溶液の付け過ぎ、または濃すぎる
事が原因です。

紙は色々なものが使えます。
写真は、ボーガスペーパーです。
くしゃくしゃと丸めて、クッションに使う
為の割安の再生紙です。

新聞紙でも大丈夫です。
ただ最低でも半年より古いものを
使って下さい。
インクが落ち着いて料紙を汚す
確率が少なくなります。
理想は3年くらい。

出来たら全開に広げたものを
重ねて押しをします。
さらに直径20㎝くらいに巻いて
保存しておきます。
しわが比較的きれいになって
使いやすくなります。
新聞巻が何本かいつも作り置きして
あります。
何にでも使えてとても重宝します。

すみません。
話がそれました。

DSC04359

写真は、荒い砂子、中くらいの砂子、細かい砂子
を撒いたものです。
砂子を作るフルイの目の大きさによって
変わります。

DSC04366

荒い砂子を使った古筆の料紙の中で
写真は、筋切の料紙と大字朗詠集の
料紙です。
どちらも、金と銀の荒い砂子が撒かれています。

箔を撒く その2

DSC04330

今回は、箔を撒くための竹筒のお話です。

箔を紙の上に撒くために、竹筒にいれてから
作業します。

砂子や切箔は数種類の大きさが有るので
竹筒に張る網目もそれに合わせて大きさを
変えます。

DSC04321

糸は、基本的にどんなものを使っても
大丈夫ではないかと思います。

写真は、絹本(絵絹)の切れ端を先のとがったもので
ほぐしているところです。

この糸を一本づつ筒の出口に張ります。

雲母摺り用のタンポを張り替える時に
必ず切れ端が出るので、利用しています。

DSC04324

これは、荒い砂子を撒くためのものです。


DSC04328

これは、切箔の大切を撒くためのものです。

張ってから、実際に使ってみるまでは
良いのかどうかは、わかりません。

箔が出過ぎても、その逆でも
使いにくい道具になってしまいます。

その時は作り直しです。

鹿皮が巻いてあるのは、竹筒を置いたときに
糸が直接当たるのを防ぐ為です。

持って置いての繰り返しですので
置いたときにどうしても網の面が下になり
台に当たり、糸が切れやすくなります。

箔を撒く その1

DSC04175

今日から金箔、銀箔を撒いて料紙を装飾するお話を
数回に分けて投稿しようと思います。

まず箔を定着させる為の接着剤の役目をする液を
作ります。

使用する紙にはドーサが引いてあり、にじまないように
してあります。
箔の装飾で、ドーサはとても大切です。
ある程度ドーサが効いていないと
箔の定着が良くありません。

どの程度?と言う質問にはっきりとした言葉で
答えられません。
すみません。

良い加減を何とかうまく伝えたい!
と思うのですが。

話を進めます。

ドーサが引いてある紙に箔を撒く、と言う状況で
お伝えしようと思います。
いろいろな紙を使うことになると思いますが
すべてドーサが引いてあり、にじまない紙を使っています。

写真は三千本膠とフノリです。
三千本膠が、一本でだいたい12gくらいです。
フノリは目安でその1割くらいの量です。

DSC04177

三千本膠はこのままでは溶かしにくいので

布に包んで折ります。
気を付けないと、けっこう鋭い破片になります!

DSC04173

それからコップに1杯くらいのお湯を入れて
湯煎して溶かします。
これくらいの量でしたら、それほど時間はかからないと
思います。

フノリと膠を混ぜた溶液は、傷みやすいので
少量をその都度作るようにしています。

溶けたら布で濾して、箔を撒くための接着剤の
原液の出来上がりです。

筋切(すじぎれ)の料紙

DSC04219

筋切の料紙を作っています。

染め紙に荒い砂子を撒いてから、飛び雲を書き込みます。
写真は、線を入れて乾燥させているところです。

DSC04220

もともとは歌合せの横に線の入った料紙を
90度回転させて、縦に線がくるようにして使っています。

線を料紙の景色として見立てています。
原本をみると、飛び雲が縦になっていたり、
描き模様が横向きだったりしています。

DSC04217

線は銀泥を膠で解いたものを、カラス口で引いています。

カラス口は製図の機械化に伴い、
今はほとんど作られていないと聞いています。

大切な道具です。

木版を並べて

DSC04048

唐紙の雲母摺り(きらずり)をしています。

通常使う木版の種類が30くらいあります。

木版は摺る前に充分湿しておかなければならないので
一度全体を軽く洗って、濡れたタオルをのせておきます。

摺っているときは、次に使う木版がタオルののった状態で
待っています。

使い終えた木版は、すぐに洗って乾かします。
写真は、ある程度仕事が進んで、洗い終わった木版が
並んでいるところです。

まだ雲母がだいぶ付いているものがありますね。
写真を撮ってみると見ている以上によく解ります。

英訳

DSC03975

かな料紙のウェブサイトを英訳して頂き
今月から公開になりました。

ウェブデザイナーさんが、探して下さり
驚くことにボランティアの方に翻訳をお願いしました。

とても熱心に取り組んで下さり、立派な英語版の
サイトになりました。

人と人のつながりのありがたさを実感しています。
デザイナーさんを紹介して下さった方から始まり
不思議なご縁の連続でここまで出来上がりました。
ただただ感謝!です。

もう一つ、スマートフォン対応になりました。
スマホでも快適に見ることが出来ます。
私はいまだにガラケイなので、写真は妹のスマホです。

世界中の多くの方に見て頂ける事を願って。
今年も頑張ってブログとサイトの更新を続けます。

銀泥を

DSC03809

写経用の藍紙に銀泥で文様を摺ってみました。

実際に料紙として使われることは、ほとんどありません。

DSC03810

銀泥が割とたくさん必要なので 狭い範囲で摺ったものを撮影しています。

画像はかなり拡大になっています。 その分、荒が目立ちますね!

DSC03813

写経用紙の天地の装飾など、実際には文字を書かない部分の装飾に
使えると思います。

DSC03820

工芸品などへの応用を考えています。

猪牙(ちょき)で丁寧に磨くと、 銀泥、金泥で書かれた経文と同じように、
輝きが出てきます。

飾り扇 

DSC03784

飾り扇用に料紙をつくりました。
普通に使う扇面は、ここまでの装飾は必要ないかと思います。
個人的には一番手前の唐紙が好きです。
でも、飾るにはちょっと地味。

扇に仕立てた時にどのような印象になるか、
いろいろ試してみようと思っています。

実際に飾った時に、場所によっての印象の差も
有りそうです。

工芸品的な作り方で、学ぶことも。

ちょっと楽しい作業でした。
これから、扇子職人さんの工房に送ります。
続きは、また追って投稿します。

展覧会のお知らせ

  1. 平成30年1月19日(金)~28日(日)

    かな料紙―小室かな料紙工房展示会―

アーカイブ