かな料紙 - 小室かな料紙工房 -

伝統的製造方法で、書道用かな料紙を製作しています。このWebサイトでは、製作に係わる職人の立場から、かな料紙の作り方や種類など説明したいと思います。

メニュー

平成12年(2000年)の仕事


お客様から平成12年の仕事の資料を頂きました。

【集最澄書紺紙金字般若心経】
 平成12年に飯島太千雄先生がプロデュースされた、
 最澄の般若心経を製作するプロジェクトがありました。

紺紙は越前の梅田太士さんが雁皮紙を漉き、
京都の吉岡幸雄先生が天然の藍を使って染を行いました。

工房で行ったのは、その染められた紙のアクを洗い、
皺を伸ばし、料紙としての仕上げの工程でした。

この時、父(義久)69歳、私38歳!

太郎は11歳でしたが、なんと12年後に吉岡幸雄先生から
教えを受けることになります。
不思議なご縁を感じます。

仕事が終わり、皺を伸ばすために仮張りをした板を
掃除していた時、
「こんな良い色の紺紙は見る事が出来ないから、
板に付いてる紙片をとっておくように」
と、父から指示がありました。

思い出したので、棚にしまってあったものを
出してみました。

今見ても、とても良い色です。

資料をお送り頂きましたT様、
ありがとうございました。

コメント

コメントをお待ちしております

展覧会のお知らせ

工房日記

  1. 2018年4月8日

    お宝発見?
  2. 3月31日(土) 4月1日(日)

    茨城ものづくりマルシェ2018
  3. 2018年3月19日(月)、20日(火)、21日(水・祝日)

    茨城クラフアート

アーカイブ