かな料紙 - 小室かな料紙工房 -

伝統的製造方法で、書道用かな料紙を製作しています。このWebサイトでは、製作に係わる職人の立場から、かな料紙の作り方や種類など説明したいと思います。

メニュー

四季の短冊



四季の短冊を作りました。


春は梅と桜のイメージです。


夏は青空の下のヒマワリを。


秋は菊の花。


冬は牡丹のイメージだったのですが
少し違った感じになってしまいました。
が、出来上がりはとても気に入っているので、
これで良しとしました。(笑)

額に入れて、一年を通して楽しんで頂けたらと
思っています。

実はこの短冊、友人に頼まれたプレゼント用です。
新築のお祝いにお贈りするそうです。
9月に頼まれて、なんと今頃の仕上がりになってしまいました。

気に入ってくれるといいな。

コメント

  1. 武藤 京子 2017.03.13

    お世話になります
    水戸の武藤です。
    昨日梅津会館に行きました、今週茨城県ものづくりマルシェにも出展されるのですね、
    残念ながら旅行の予定で見に行けず、残念です、さて、先日工房をお訪ねした時お話した件ですが、唐紙の短冊でペーパーウエイトを作っていただけるのか、また、その予算はどれ位なのか、お尋ねします,
    予算が合えば、注文したいのですが、その時は水戸の書道家の方にお願いをするのでしょうか、
    後日電話させていただきます、宜しくお願い致します

    • 小室 久
      小室 久 2017.03.14

      武藤様
      先日は工房に御出で頂き、ありがとうございました。

      短冊だと300mm×45mmの大きさでしょうか。
      紙箱入りのタイプで出来上がっているものが
      7,020円(税込)です。
      中身を特注にして多少追加が有るくらいだと思います。

      お電話、お待ちしております。

展覧会のお知らせ

  1. 2017年11月11日(土)~12月24日(日)

    かなの世界 桑田笹舟―平安の美への挑戦―

工房日記

アーカイブ