かな料紙 - 小室かな料紙工房 -

伝統的製造方法で、書道用かな料紙を製作しています。このWebサイトでは、製作に係わる職人の立場から、かな料紙の作り方や種類など説明したいと思います。

メニュー

第32回 茨城県郷土工芸品展


dsc06386

今年も、茨城県郷土工芸品展が開催されます。

【会場】  茨城県庁舎2階県民ホール
【会期】  2016年11月24日(木)~27日(日)
【時間】  10時~16時
     今年は金曜日、18時まで開いています。

     入場無料です。

dsc06392

県内で活動する多くの手工芸による作家、職人が
出展します。

dsc06391

今年は、今までと展示方法を変えて、新たな取り組みをします。
展示コーナー、インテリアコーナー、ワークショップコーナー、
販売コーナー、と
会場が用意されています。

≪ワークショップコーナー≫
 ワークショップ専用の部屋で、時間割に応じて行います。
 私は、簡単な箔による装飾を体験して頂く予定です。
  
    26日(土) 午前11時30分から
    27日(日) 午前10時10分から

  費用  500円
  所要時間   30分くらい
  定員   6人(多少の変更は大丈夫だと思います。)
  内容  ハガキ判の染紙に砂子、切箔を撒いて頂きます。
      練習に一枚、染紙を使って2枚、予定しています。

      お問い合わせ  0294-82-2451(小室かな料紙工房)

dsc06389

≪実演≫
 展示コーナーにて、専用の実演スペースで、進行役の方と
 一緒に行います。

 かな料紙実演   27日(日) 午後1時30分から
  継紙(つぎがみ)の実演を行う予定でいます。


会期中、太郎が毎日会場にいます。
私は、25日(金)が不在でそれ以外の日は会場に居ります。
皆様のお越しをお待ちしております。

コメント

コメントをお待ちしております

展覧会のお知らせ

  1. 2017年11月11日(土)~12月24日(日)

    かなの世界 桑田笹舟―平安の美への挑戦―

工房日記

アーカイブ