かな料紙 - 小室かな料紙工房 -

伝統的製造方法で、書道用かな料紙を製作しています。このWebサイトでは、製作に係わる職人の立場から、かな料紙の作り方や種類など説明したいと思います。

メニュー

工房日記の記事一覧

木版を並べて

DSC04048

唐紙の雲母摺り(きらずり)をしています。

通常使う木版の種類が30くらいあります。

木版は摺る前に充分湿しておかなければならないので
一度全体を軽く洗って、濡れたタオルをのせておきます。

摺っているときは、次に使う木版がタオルののった状態で
待っています。

使い終えた木版は、すぐに洗って乾かします。
写真は、ある程度仕事が進んで、洗い終わった木版が
並んでいるところです。

まだ雲母がだいぶ付いているものがありますね。
写真を撮ってみると見ている以上によく解ります。

英訳

DSC03975

かな料紙のウェブサイトを英訳して頂き
今月から公開になりました。

ウェブデザイナーさんが、探して下さり
驚くことにボランティアの方に翻訳をお願いしました。

とても熱心に取り組んで下さり、立派な英語版の
サイトになりました。

人と人のつながりのありがたさを実感しています。
デザイナーさんを紹介して下さった方から始まり
不思議なご縁の連続でここまで出来上がりました。
ただただ感謝!です。

もう一つ、スマートフォン対応になりました。
スマホでも快適に見ることが出来ます。
私はいまだにガラケイなので、写真は妹のスマホです。

世界中の多くの方に見て頂ける事を願って。
今年も頑張ってブログとサイトの更新を続けます。

銀泥を

DSC03809

写経用の藍紙に銀泥で文様を摺ってみました。

実際に料紙として使われることは、ほとんどありません。

DSC03810

銀泥が割とたくさん必要なので 狭い範囲で摺ったものを撮影しています。

画像はかなり拡大になっています。 その分、荒が目立ちますね!

DSC03813

写経用紙の天地の装飾など、実際には文字を書かない部分の装飾に
使えると思います。

DSC03820

工芸品などへの応用を考えています。

猪牙(ちょき)で丁寧に磨くと、 銀泥、金泥で書かれた経文と同じように、
輝きが出てきます。

飾り扇 

DSC03784

飾り扇用に料紙をつくりました。
普通に使う扇面は、ここまでの装飾は必要ないかと思います。
個人的には一番手前の唐紙が好きです。
でも、飾るにはちょっと地味。

扇に仕立てた時にどのような印象になるか、
いろいろ試してみようと思っています。

実際に飾った時に、場所によっての印象の差も
有りそうです。

工芸品的な作り方で、学ぶことも。

ちょっと楽しい作業でした。
これから、扇子職人さんの工房に送ります。
続きは、また追って投稿します。

和紙文化講演会in越前

DSC03761

和紙文化講演会in越前 に参加しました。
今回は初の産地見学会が企画され、大勢の方が参加されました。

24日に講演会と交流会。
25日が産地見学会でした。

写真は産地見学会当日の様子です。
(右側に見える建物が、紙の文化博物館です。)
集合地点から各工房に出発するところです。
あいにくの雨模様でしたが、紅葉がきれいでした。

多くの方から、貴重なお話をたくさんお聞きして、
何件もの紙すきの工房を見学して、内容の濃い、幸せな二日間でした。

何よりも、越前が日本を代表する和紙の産地であることが実感できました。
関係者の皆様、とても良い企画でした。ありがとうございました。

詳しくは、和紙文化研究会のサイトでご覧になって下さい。
http://washiken.sakura.ne.jp/admission/

息子の話

DSC03683

私には25歳になる息子が一人います。
染色織物の道に進んで、現在愛媛県西予市にある野村シルク博物館という所で
修業中です。

一年目の基礎コースが終わって、二年目の創作コースに進みました。
基礎コースで製作した作品を家に送ってきたので
紹介を兼ねて、取り上げてみました。

西予市野村町は、全国でも有数の質の良い絹の生産地です。
現在でも数件の養蚕農家が繭を生産しています。

野村シルク博物館では、伝統的絹織物の後継者を育成するための
プログラムが有り
全国から募集しています。

養蚕農家での研修。手による糸紡ぎ。植物染料による染色。染料植物の栽培。
機織り。和裁。など、総合的に学ぶことが出来ます。

写真は、基礎コースの修了式に自分で着た着物です。
カリヤスのミョウバン媒染で糸を染めたそうです。
そのあと、機(はた)で織り、着物の仕立ても教えてもらいながら
自分でしたそうです。

DSC03687

この反物は、蘇芳のミョウバン媒染で糸を染めたそうです。

生計を立てるのが難しい世界ですが、頑張ってほしいと思っています。

扇子のお話

DSC03634

深津扇子店さんに扇子のお話をお伺いしました。

工房にお邪魔して、いろいろと教えて頂きました。
興味を持っていて、一度お話を、と思っていたので
楽しいひと時でした。

写真は、男持ち七寸五分の扇子です。

印象に残ったお言葉。
「扇子は、閉じた状態でも開いた状態でも美しくなければならないのです。」

手に取ってみて、良さを実感しました。

DSC03635

開いてみました。
まさに、「江戸の粋」です。

DSC03620

こんな貴重な映像も。
仕立てる前の扇子の骨です。

綺麗です。

仕舞扇 (能で使います。)
舞踊扇 (日本舞踊で使います。)
飾扇 (飾るための扇で、片面だけの装飾です。)

など、用途に応じて様々な扇子があります。

かな料紙を使った、飾扇を作ってみたいと思っています。
相談に快く応じて頂きました。

DSC03628

猫さんが歓迎してくれました。
体格の良い猫さんでした。(8kgあるそうです!)

10月の催事

DSC03616

10月は二件の催事に参加します。

茨城の手しごと展

10月11日(土)~13日(月)   10時~20時
ニューポートひたちなか店  ファッションクルーズ1階メインホール

DSC03594

Art+1  オープンアトリエ

常陸太田市の文化財集中曝涼に合わせて、常陸太田市在住の五人の作家が
工房を公開します。
初の試みです!
10月18日(土)、19日(日)   10時~15時

お時間が有りましたら、ぜひお出掛けください!

風鈴

DSC03602

地域おこし協力隊の皆さんが、夏祭りのイベントで子供たちと
風鈴を作りました。

材料はすべて地元里美のものを。
お話を頂いたので、風鈴の短冊にかな料紙を使って頂きました。

今日は、わざわざ協力隊の皆さんが、報告に来てくださいました。

DSC03604

うれしいですね。

竹炭を使った風鈴の音がとてもいいので、皆様にお届けです!

協力隊の皆さん、ありがとうございました。

いい季節になりました。

DSC03573

すっかりご無沙汰をしてしまいました。

具引きをするのに、とても良い季節になりました。
今日は、絵の具を合わせる前に胡粉を煮るお話です。

水に漬けて置いた胡粉を、膠や顔料を混ぜる前に
一時間くらい弱火で煮ます。

胡粉は、水に漬けておくと緑色のカビ?のようなものが
発生します。

煮ることによってほとんど出ることが無くなります。

紙を染めてから長い時間が経過した時、
湿気など保存の条件が悪いと

紙の表面にカビのような斑点が出ることが有ります。
煮ることにより、かなり軽減されるそうです。

今の季節は膠の状態が良いので、加工をしていても
心地よさがあります。
腕が上がったわけではないですね。

アーカイブ